流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 流星の電波観測とは > ノートパソコンの過熱に注意!

個人向けパソコンは連続稼働を想定していないと考えよう

 もちろん,パソコンメーカはその安全性や安定性を厳しいチェックのもと,確認を行って出荷していますが,そもそも個人向けのパソコンにおいて,24時間365日の連続稼働は想定していない場合がほとんどです.また,想定されていないと考えた方がいいでしょう.

数時間でパソコン全体はかなり熱くなる

 近年のノートパソコンは,機能が豊富で,CPU性能そのものもあがってきています.一方でサイズは小さくなってきており,ファンの大きさも限られているのが現状です.
 2006年とかにはとあるメーカのパソコンでバッテリー過熱問題とかがありましたが,そうでなくても,ノートパソコンはかなり熱を内部に持ちます.数時間の稼働で軽く40度を超えてきます.状況によっては70度近くになることも...このような状況では,いつ熱暴走が起きても不思議ではありません.また,そもそもパソコンに大きな負荷がかかります.

ノートパソコンを冷却しよう

 部屋が涼しければまだしも,夏の時期にエアコンを付けっぱなしはできないでしょう.そこで,近年では,ノートパソコンを冷却する製品が出ています.私が使っているのは,ELECOMのSX-CL09SSVという製品です.冷却効果は特に問題ないと思います.よく冷えています.ただ,ファンの音が少々気になると言えば気になるので,寝室に置くには適さないかもしれません.私は,壁越しに隣の部屋に置きましたが,アパートの薄い壁でも,隣におけば睡眠妨害にはなりません(笑).
 なお,冷却製品はいろいろなタイプがあります.私が使用している物と同種のファンで冷やすクーラータイプや,シートタイプ(ゲルによる放熱),パッドタイプなどがあります.ただ,シートタイプは短時間には構いませんが,長時間になると,ゲル自体が温かくなるので,放熱効果が薄れます.パッドタイプも同様.やはり,一番はファンを使用したクーラータイプでしょう.
左の写真が購入した製品の写真です.ファンが2個付いています.ヨドバシカメラで3,980円でしたが,アマゾンとかなら3,000円を下回る価格で買えるでしょう.右側は設置した例です.この手の商品では電源供給はUSBです.あまり安物を買うと,そのUSBがノイズ源になることがあるので,ある程度はまともなものを買った方が良いと思います(USBのノイズは厄介です).
もうひとつ,BUFFALO製品でも試してみましたが,いずれの製品も特にノイズは見受けられませんでしたので,大丈夫だと思います.
冷却製品 冷却製品の設置例

デスクトップパソコンは掃除をこまめに

 デスクトップパソコンの場合は,ファンが比較的大きく作られているのと,スペースがそれなりにあるので,これまで私自身は「まずいんじゃないかな」とおもったことはありません.ただ,大きいが故に,埃がものすごくたまります.こまめに中をあけて埃を取ってあげてください.それだけでも全然違うと思います.ノートパソコンのようにあまりグッズは販売されていません.関連webをみても,埃掃除が一番!と書かれていることが多いです.ノートパソコンではなかなか中身の分解は勇気がいりますが,デスクトップは簡単にあけられますので,掃除するのが一番ですね.