流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 流星の電波観測とは

流星の電波観測とは?

 ここでは,流星の電波観測について,「流星の電波観測とは何か?」「観測を開始するにはどうするのか」を詳しく解説します。以下のメニューからご覧になりたいものを選んでください。初めての方は最初から読んでいかれることをお勧めします。また,各部の最後にその部に出てきた用語解説もあります。

流星の電波観測の仕組み・種類

 (1)電波観測の仕組み
 (2)電波観測で何がわかる?(電波観測の特徴)
 (3)電波観測の種類

流星の電波観測をはじめよう(HRO)

 仕組みと種類がわかったら、早速流星電波観測を始めてみましょう!始めるには2つのパターンがあります。一時的な観測や初回観測では「2万円コース」で行ってみてはいかがでしょうか。その後、定点観測にする場合は、「パソコンでの自動観測」をお勧めします。

<ステップ 1> 必要機材をそろえよう!
<ステップ 2> 機材を組み立てよう!
<ステップ 3> 設置・接続しよう!
<ステップ 4> いよいよ観測!
<ステップ 1> 必要機材をそろえよう!
<ステップ 2> 機材を組み立てよう!
<ステップ 3> 設置・接続しよう!
<ステップ 4> 電源を入れよう! 音量設定と調整
<ステップ 5> HROFFTで観測をしよう!

ちょっとした工夫

 ・マンション・アパート等での設置
 ・ノートパソコンの過熱に注意!
 ・耐震(地震の備えも忘れずに)

観測したデータの解析

 観測したデータは、是非とも集計をして、グラフ化するなど、ビジュアル的にわかりやすいようにして保管しておきましょう!当プロジェクトへの報告もお待ちしています。
 (1) HROFFT を用いた場合の集計方法
 (2) HROFFT 集計の際の支援ソフト
 (3) FFTDSP4 を用いた場合の集計方法
 (4) グラフ化しよう!

観測したデータの報告

 集計したデータは、是非、流星電波観測国際プロジェクト(国内ネットワーク名称:AMRO-NET)へお寄せください。全国のデータで解析をした後に、流星群活動解析時は世界中のデータと統合し解析します。
 icon データの報告はこちらへ

参考資料等

 ・参考図書
 ・役立つソフト一覧
 ・観測機材販売店
 ・HRO以外の観測手法(FRO/MURO)