流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 流星群情報 > オリオン座流星群

オリオン座流星群(Orionids)


 オリオン座流星群は,全流星群の中で二番目に速度が速い流星群です.そのため,明るい流星が多く,有痕率も高くなっています.眼視観測では観測しやすい流星群といえるでしょう.母彗星は1P/Halley彗星です.ピークはたいへんなだらかで,10月21日付近にピークを迎えます.2006年及び2007年に通常より活発な活動が観測されています.
 電波観測において,対地速度が速い関係上,捉えられる流星数は伸び悩み,年によっては微増程度しか検出されない年もあります.ただし,2006年及び2007年はそのピークを明確に捉えています.エコー数は伸びませんが,ロングエコーが多いのは魅力的です.また,ロングエコーのピークとエコー総数のピークが異なる年も多く,流星物質の宇宙空間分布を知る上では興味深いデータが得られる流星群です.

2016年のオリオン座流星群 観測条件

2016年オリオン座流星群の日本における観測条件は,「あまりよくない」です.

月齢条件 月齢19 満月過ぎの月明かりがあり、月を目に入れないよう工夫する必要があります.
極大時刻
(JST)
10月21日
14時頃
極大時刻は国内では昼間ですが,活動レベルは特に変わりませんので,21日未明と22日未明が見頃です.

日本国内における2016年眼視観測(目で見る場合)の観測条件
総 評月明かりがあり、極大時刻も昼間であるため、観測条件はあまりよくありませんが、明るい流星数も多いので是非注目してみましょう.
見る方向
(方角)
流星の出現位置という意味では「どこでも構わない」ですが、月明かりを視野に入れないようにしましょう.
見頃となる
時間帯
(第一候補)10月21日00:00〜夜明け(日本時)
(第二候補)10月22日0:00〜夜明け(日本時)
注意事項この時期の夜はかなり冷えます.10月だからと思っていると,凍える寒さに驚きますので注意しましょう!現地で火を扱うのは危険ですので,温かい飲み物を水筒に入れていくと良いでしょう.

全世界で見た時の観測条件(海外での観測条件)
総 評月齢条件は同じですね.世界的には北米・南米が好条件です.前後数日間は活動が見られますので,オリオン座さえ見られれば世界各地で観測しやすいでしょう.

オリオン座流星群に関する情報

名称(和名) オリオン座流星群
学術名(コード) Orionids(ORI)
極大太陽黄経 208°
極大時輻射点 赤経 = 95° / 赤緯 = +16°
出現期間 10月2日〜11月7日(極大時刻は年によって違う.観測条件を参照)
性質 極大出現数(ZHR):30,光度比2.4,対地速度: 66km/s
母天体 1P/Halley
※和名は国立天文台に準拠
※学術名及びコードは国際天文学連合(IAU)に準拠
※それら以外は注釈がない限り国際流星機構のデータを優先

極大夜の観測条件(2016〜2020年)

10月
JST
極大日時 月齢 条件
(眼視)
条件
(電波)
コメント
208°
2016年 21日14時 19 満月過ぎの月があり,極大が昼間と電波も眼視も条件は良くない
2017年 21日20時 1 最良 最良 やや極大時刻が早いが問題はないでしょう.月明かりもなく好条件
2018年 22日02時 13 最良 極大時刻は好条件だが,満月近い月明かり.電波観測は好条件
2019年 22日08時 23 最良 極大は日の出後.下弦の月がある.電波観測では問題なし
2020年 21日14時 4 月齢条件は良いが,極大が昼まで電波も条件悪
※月齢は10月21日0時頃です.時刻は日本時(JST).

オリオン座流星群の歴史

 オリオン座流星群の記録は西暦288年に中国の観測者による記録が残っており,その後も中国を中心に585年,930年などの記録が残っています.また,日本の記録もしばしば見受けられます.一方で,流星観測が昔から盛んだったヨーロッパではあまり古い記録は残っていません.
 1970年代に1986年の1P/Halley彗星が回帰するのを前にかなり熱心な研究が行われたようです.結果的に突起すべき突発的な出現は見られませんでした.その後もこの流星群についてはZHR15前後の活動が続いています.
 2006年に比較的活発な活動が観測され,その後2010年頃まで電波観測でもその活動が見受けられました(電波観測では観測しづらい流星群のためあまりエコー数が例年は伸びない).特に2006年・2007年は明瞭に観測されました.

過去の観測結果

過去の流星電波観測結果による結果を中心に収録しています.
  icon 過去の観測結果

出典

 ・HandBook for Visual Observation (The International Meteor Organization) (1995)
 ・A new Working List of meteor showers (Rainer Arlt et al), WGN 34:3(2006)