流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 流星群情報 > 流星とは? > 流星の明るさ

流星の明るさ

明るい流星と暗い流星

流星の明るさの比較  夜空に輝いている星々には,明るい星から暗い星までいろいろな明るさの星があります。流星も同じように,明るい流星から暗い流星まで様々です。星の明るさは,星自身の温度や質量,そして距離によって明るさが違いますが,流星の場合は,流星自身の速度そして質量に依存します。速度が速いものは明るく,そして重さが重いものは明るく見られます。流星の明るさは,星の明るさと同じように「等級」という単位で表記されます。例えば,七夕で有名なおりひめ星(こと座のベガ)と同じ明るさの流星であれば「0等級の流星」と表現します。まだ流星を見ることに慣れない頃は,1秒にも満たない流星の明るさを決定するのは意外と難しいものがあります。明るさを比較する際に,周辺の星々と比較することが一般的ですが,まず周辺の星々がどのくらいの明るさであるかをある程度知っておく必要があります。春の大三角や夏の大三角など,主立った星の明るさと,覚えやすい星座(オリオン座やカシオペア座など自分が夜空を見て分かる星座)で,ある程度の星の明るさを知っておくのがよいでしょう。


 高速で移動する発光物体の明るさを見積もるのは慣れが必要です。一般的な傾向として,観測し始めの頃は,実際の等級より明るく見積もっているケースが多いでので,是非多くの流星を見て,時には,流星観測に慣れた方と一緒になって観測することが,流星の明るさをより正確に決定する近道となるでしょう。



流星の存在比率  明るい流星と暗い流星との割合は,夜空の星々と同じで,暗ければ暗いほどその数は多くなります。従って,夜空を一瞬照らすような明るい流星の数は少なく,かすかにしか見えないような暗い流星はそれに比べると格段と数が多くなります。ただし,この後で説明する「流星群」の種類によって,明るい流星と暗い流星との比率は異なります。一般的に,流星群に属する流星は比較的明るい流星が多く,流星群には属さない流星(散在流星)は比較的暗いものが多い傾向があります。少し難しい言葉で言うと,これらの比率を「光度比(Population Index)」といい,1等級暗くなると流星がどのくらい増えるのか,その比率を表しています。光度比が小さければ明るい流星が多く,光度比が大きい場合は暗い流星が多いといえます。例えば散在流星ですと,光度比はおよそ3.0といわれ,2等級で10個だとしたら3等級ではその3倍で30個,4等級ではさらに3倍の90個と計算できます。しし座流星群では光度比はおよそ2.5程度で,2等級で10個とすると,3等級は25個で,散在流星よりも明るい流星の割合が多いことが分かります。ただし,人間の目は暗い流星はより見落とすようになりますので,実際は光度比の数字のように2等級で10個だったら3等級で30個(光度比3の場合)ということは実感としてはないでしょう。光度比については,長沢 工氏が執筆している「流星と流星群」という本にわかりやすく記されています。

←「流星現象のしくみ」へ 「流星群と彗星」へ→