流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > しぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群 観測結果

電波観測による結果

icon 経年変化 (グラフで2001年以降を一覧表示)

icon 過去のピーク及び推定構成要素一覧 (2001年以降のピーク一覧と活動推定要素一覧)

icon 各年の概要 (下表)

西暦 データ区分 概要(時刻はJSTで記載)
2017年 世界統合 活動規模はA(max)=4と例年並み.ピーク前の半値幅が例年よりも長かったのが特徴
2016年 世界統合 推定A(max)=8.0で,2014年と同規模の活発な活動だった様子.ピーク時刻は若干早い
2015年 世界統合 2010年並みの低調な活動。推定A(max)=3.0としたが,もっと低いかも.
2014年 世界統合 2009年以来の活発な活動か。A(max)=8.26.データ精度もまずまず.
2013年 世界統合 ピーク時刻やピーク規模は例年通り.もしかしたら活動はもう少し高いかも!?
2012年 世界統合 活動規模A(max)=4と例年並み.天頂効果と極大が重なり極大時刻は推定だがやや遅い
2011年 世界統合 ピーク時刻はやや早め.活動レベルは例年並み.λo283°.003の増加は気になる
2010年 世界統合 ピーク時刻は例年よりやや早い.活動規模が小さい.2008年と同じような傾向.
2009年 世界統合 ダブルピークに見えるが,実際は違うだろう.推定値では活動規模が大きかった様子.
2008年 世界統合 ピーク時刻や全体の規模は例年通り.λo281°.62の小ピークは気になる.
2007年 世界統合 4極大頭打ちはおそらく「見かけ」だろう.推定ピークは例年並か例年よりやや大きい.
2006年 世界統合 2つの活動ピークがあった様子.2003年や2005年と同じ傾向.メインピークは例年並み
2005年 世界統合 A(max)=6付近とやや活発だった年.2003年同様,λo283°.51に小ピークか.
2004年 世界統合 活動規模は大きい.ピーク後のデータがあまりないのが残念.3つの構成要素で近似.
2003年 世界統合 メインピークはやや早い.その後λo283°.56にサブピーク!? 大きな誤差範囲は気になる
2002年 世界統合 活動規模はもう少し低いかもしれないが,それでも活発だった.ピーク時刻はやや遅め
2001年 世界統合 活動規模や活動時刻は例年並みだが,立ち上がりが急すぎる気もする.
2000年 千種高校 4日7:00頃(JST)に極大の模様.全エコー数はHR80程度.(千種高校の結果のみ)

眼視観測による結果

詳細は日本流星研究会または国際流星機構をご参照下さい

西暦 概要(時刻はJSTで記載)
2009 国内ではZHR80程度とやや少なめ.IMO速報では4日22時に極大ZHR140付近
2008 極大が昼間となったためZHRも40程度と伸びず.IMO速報でも4日18時にZHR80で極大
2007 国内平均ZHR140付近と活発な活動を観測
2006 国内ではZHRが100を切るなど低調な活動
2005 国内では4日未明の平均ZHR100程度
2004 4日未明に極大だが,ZHR100程度に留まる。
2003 4日未明にZHR140程度と2002年に引き続き活発な活動を観測
2002 4日早朝にZHR140〜150と例年に比べ活発な活動を観測。
2001 4日早朝にZHR100前後。太陽黄経283.538度でZHR110。
2000 極大は昼間に。太陽黄経232.799度でHR26.9を観測。
1999 太陽黄経283.036度でHR31.4に。観測者によっては4日1:00(JST)でZHR100であった。
1998 極大は283.4度か。283.1度では低調。
1997 国内ではHR25ほど。アラスカでHR60〜100の出現が観測される。
1996 月光下,HR20〜30とそこそこの観測がされた。
1995 最初の出現は12月22/23日。最終出現の記録は1月8/9日
1994 月明かりがあるものの,3/4日(JST)にHR100程とかなり活発な活動を見せる。
1993 悪天候のため報告数が少ない。極大は昼間に起こったため日本では捕らえられた流星数は少ない。
1992 3/4日(JST)にHR40〜50。極大昼間に。海外の観測から,太陽黄経283.1〜283.2度が極大のようだ。
1991 月明かりのためHRや約10程度。暗い流星が多かった。
1990 3/4日に平均HR28

流星群の紹介

 流星群の紹介およびここ数年の観測条件を紹介しています。
  icon しぶんぎ座流星群の紹介