流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > みずがめ座η流星群 > 観測結果(2009年)

みずがめ座η流星群 観測結果(2009年)

 活動規模は例年通り.観測された最大値が2.0程,推定Activity Levelの値も1.5程度でした.ただし,例年と比較すると,太陽黄経(λo50°付近でも極大前と比較すると活動規模が高く,極大後の半値半幅が長かったと思われます.また,極大時刻は,λo47°.1付近と,国際流星機構で記載されている極大時刻よりも1日半も遅い結果となりました.
 活動推定構造は,主活動に対し,極大前にサブピーク構造があったと推定しています.そのため,λo44°.5付近で一度上昇し,その後もλo48°付近までActivity Levelが1を少し越える辺りで推移しています.

世界観測結果統合グラフ

Graph of η-Aquarids

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
May 4th 23h 44°.494 1.75 ± 0.35
May 7th 20h 47°.196 2.08 ± 0.22

流星群活動推定構造

Trail-No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
EAQ09C01 May 4th 12h30m 44°.050 0.6 -30.0 / +18.0
EAQ09C02 May 7th 15h30m 47°.075 1.2 -42.0 / +66.0

Parameter

  • Radiant : α = 338°, δ = -1°
  • Radiant Drift: Δα = 1°, Δδ = +0°.4
  • Radian Elevation : 20° < h
  • Using data within ± 0.50 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB