流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > みずがめ座η流星群 > 観測結果(2017年)

みずがめ座η流星群 観測結果(2017年)

 2017年は2013年以来の活発な活動が観測されました.特に太陽黄経44.3度付近のピークは,事前に予想されていたサブピークであり,予測とは若干のズレはありますが,ほぼ予想通りの結果でした.
 通常の太陽黄経45.4度付近にピークを持つ稼働は,例年よりは若干多かったようです.本ページ2つあるグラフのうち、下のグラフは2004年以降の平均値を赤のラインで示しており,過去の平均値よりは高めの活動であったことがわかります.

世界観測結果統合グラフ

Graph of η-Aquariids

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
May 4th 20h 44°.321 2.10 ± 0.31
May 6th 06h 45°.693 1.56 ± 0.30

流星群活動推定構造

Trail-No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
EAQ17C01 May 4th 20h30m 44°.32 1.1 -3.0 / +3.0
EAQ17C02 May 5th 23h30m 45°.41 1.3 -48.0 / +42.0
EAQ17C03 May 10th 03h30m 49°.44 0.5 -18.0 / +24.0

Parameter

  • Radiant : α = 338°, δ = -1°
  • Radiant Drift: Δα = 1°, Δδ = +0°.4
  • Radian Elevation : 15° < h
  • Using data within ± 0.50 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB