流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > みずがめ座δ流星群・やぎ座流星群 > 観測結果(2014年)

みずがめ座δ流星群・やぎ座流星群 観測結果(2014年)

▲みずがめ座δ流星群・やぎ座流星群観測結果へ戻る

 2014年のみずがめ座δ及びやぎ座流星群は,太陽黄経125度〜126度付近でピークを迎えており,活動規模も含め例年通りでした.また,活動の立ち上がりも,太陽黄経119度付近からと,こちらも違和感はありません.2013年のような,太陽黄経131度付近での再上昇も2014年は見受けられませんでした.
 なお,通常値を7月上旬の2週間で定義し,輻射点はみずがめ座δ流星群を採用して,輻射点高度補正とデータ制限とをかけています.

世界観測結果統合グラフ

みずがめ座δ・やぎ座流星群結果

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
Jul. 27 13h 124°.251 4.75 ± 0.44
Jul. 29 18h 126°.363 5.15 ± 0.80

流星群活動推定構造

Comp.No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
DAC14C01 Jul. 28 00h30m 124°.689 3.0 -66.0/+42.0
DAC11C02 Jul. 31 18h30m 128°.276 2.0 -48.0/+72.0

Parameter

  • Radiant : α = 339°, δ = -16°
  • Radian Elevation : 15° < h < 70°
  • Using data within ± 0.50 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB