流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > ペルセウス座流星群 > 観測結果(2003年)

ペルセウス座流星群 観測結果(2003年)

▲ペルセウス座流星群観測結果へ戻る

 2003年ペルセウス座流星群の結果は,通常極大で予想される太陽黄経140度よりも少し早い時間帯でピークが検出されました.2002年に見られたような141度付近の活動は,2003年でも名残は残っているようですが,これがリアルかどうかの判断場とても難しいところです.140度越えた付近のActivity Levelが一度下がり,さらに141度付近でもほとんど下がっていることからすると,観測されているデータそのものの特性に依存している可能性もあるため,今回は1つの構成要素で近似しております.

世界観測結果統合グラフ

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
Aug.12 23h 139°.787 2.01 ± 0.35

流星群活動推定構造

Comp.No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
PER03C01 Aug.12 23h30m 139°.787 1.5 -6.0/+8.0

Parameter

  • Radiant : α = 46°.2, δ = +57°.4
  • Radian Elevation : 20° < h
  • Using data within ± 0.75 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB