流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > ペルセウス座流星群 > 観測結果(2004年)

ペルセウス座流星群 観測結果(2004年)

▲ペルセウス座流星群観測結果へ戻る

 2004年はEsko Lyytinen氏らによって,11日20:54(UT)に突発出現の可能性があると予報され注目が集まりました.眼視観測では明け方となってしまい,流星電波観測によって出現の確認を行いました.結果として11日22時台を中心として極大が検出されました.
 一方,通常極大の140.1度付近では極大について,PER04C01の極大後,出現レベルが下がらずに継続したため,11日22時台の「PER04C01」によって加算されてピークを迎えたと考えられるでしょう.そのように考えるのであれば,通常ピークをもたらしている活動は例年並みといったところでしょう.

世界観測結果統合グラフ

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
Aug.11 22h 139°.499 2.53 ± 0.39
Aug.12 13h 140°.104 1.83 ± 0.65

流星群活動推定構造

Comp.No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
PER04C01 Aug.11 22h30m 139°.499 2.0 -2.0/+3.5
PER04C02 Aug.12 13h00m 140°.104 1.5 -12.0/+14.0

Parameter

  • Radiant : α = 46°.2, δ = +57°.4
  • Radian Elevation : 20° < h
  • Using data within ± 0.75 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB