流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > ペルセウス座流星群 > 観測結果(2009年)

ペルセウス座流星群 観測結果(2009年)

▲ペルセウス座流星群観測結果へ戻る

 2009年は,ピークが日本時間で13日5時におきており,これは日本だけではなく世界的にこの時刻付近にピークを持っています.また,この後の活動終息は早く,活動開始時期がなだらかというふたご座流星群のような構造をみせました.一本の構成要素よりも二本の構成要素で構造を推定した方が数値がよかったので,PER09C01とPER09C02の二本の要素で構成しました.また,太陽黄経139°.4度付近(日本時刻で12日8時〜11時あたり)の活動も少々気になります.太陽黄経139°.0度で一度下がっているのは、データ数として少ないので参考として取り扱って下さい.

世界観測結果統合グラフ

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
Aug.12 20h 140°.116 1.90 ± 0.81

流星群活動推定構造

Comp.No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
PER09C01 Aug.12 14h00m 139°.876 0.6 -18.0/+3.0
PER09C02 Aug.13 20h00m 140°.116 1.7 -2.5/+4.0

Parameter

  • Radiant : α = 46°.2, δ = +57°.4
  • Radian Elevation : 20° < h
  • Using data within ± 1.00 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB