流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > ペルセウス座流星群 > 観測結果(2016年)

ペルセウス座流星群 観測結果(2016年)

 2016年ペルセウス座流星群の電波観測(世界統合)による観測結果です.メインピーク前の活発な活動がすでに予測されている中で、迎えた2016年のペルセウス座流星群ですが,その予報通り,11日23時(UT)頃に鋭い活動ですが,通常値よりも明らかに高い活動が観測されました.通常だと1時間のデータではエラーの可能性も捨てきれないので,慎重に対処しますが,この時間帯は観測できる世界中のサイトで同様の傾向が出たので,活動についてはほぼ間違いないだろうと判断しています.半値半幅は前後0.5時間ずつ.全体では2時間程度の活動だったようです.
 その後の,メインピークは例年通り,眼視観測とは違って,少し早めの139°.75付近で観測されました.観測されたピーク値は3.5を超え,推定した活動要素のピーク値でも3.0になるので,前述の活発な活動を除いたとしても,全体的に2016年は活発な活動が見られた年だったといえそうです.

世界観測結果統合グラフ

2016年ペルセウス座流星群結果

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
Aug.11 23h 139°.474 4.21 ± 0.38
Aug.12 06h 139°.754 3.72 ± 0.97

流星群活動推定構造

Comp.No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
PER16C01 Aug.11 23h30m 139°.474 2.0 -0.5/+0.5
PER16C02 Aug.12 06h30m 139°.754 3.0 -10.0/+15.0

Parameter

  • Radiant : α = 46°.2, δ = +57°.4
  • Radian Elevation : 20° < h
  • Using data within ± 0.50 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB