流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群 観測結果

電波観測による結果

icon 経年変化 (グラフで2001年以降を一覧表示)

icon 過去のピーク及び推定構成要素一覧 (2001年以降のピーク一覧と活動推定要素一覧)

icon 各年の概要 (下表)

西暦 データ区分 概要(時刻はJSTで記載)
2016 世界統合 予測されていたピークと,メインピークが観測された.いずれも活発な活動となった.
2015 世界統合 A(max)が3を超えるのは初めて.構成要素からすると例年並みの活動に+αの活動か.
2014 世界統合 ピークは140°.0付近と例年並み.ただし,活動規模は若干高めか?
2013 世界統合 全体として例年並みの活動で,特にこれといった特徴もない
2012 世界統合 ピーク時刻は例年より若干早いが,全体の活動構造は例年並みの規模と傾向
2011 世界統合 太陽黄経139°.95で極大.2010年よりも活動レベルは高い.推定ZHR96.
2010 世界統合 太陽黄経140°.00で極大.例年並みの活動で,特筆すべき活動はない
2009 世界統合 太陽黄経139°.9と140°.1にピークを持つ2つの構成要素で出現の様子
2008 世界統合 太陽黄経139°.6と140°.6で極大.通常140°.0付近は目立たず
2007 世界統合 140°.2付近を中心に高原状ピーク.A(max)も数値は伸びず
2006 世界統合 140°.05付近で極大.A(max)=1.5.ピークとしては検出される
2005 世界統合 139°.38と140°.2で極大.140°付近は活動度が低い谷間
2004 世界統合 140°を中心としたピークがある.これとは別にLyytinen予報の突発が観測される
2003 世界統合 太陽黄経139°.8で極大.140°.5でもサブピークか?
2002 世界統合 太陽黄経139°.8で極大.140°.8はサブピークか?
2001 世界統合 データ数が少ないためか毎晩日本でピークがおきているように見える.
2000 みさと天文台 13日4:00頃に極大を観測。最大時にHR85。ロングエコーも多く観測された
1999 千種高校 私の最初の電波観測。リスン法で実施。明け方に向けて増えていく様子を捕らえた

眼視観測による結果

西暦 概要(時刻はJSTで記載)
2010 太陽黄経140度付近で極大.極大ZHR100付近.国内でもほぼ同規模の活動.
2009 国内は悪天候.13日未明はZHR100付近で,増加傾向が観測されている
2008 国内では極大は夕方.12日と13日にZHR60〜100.13日の現象傾向は明確
2007 国際流星機構では14日午前中にZHR100の極大.国内では14日未明にZHR80。例年並み
2006 活動不明(国際流星機構及び日本流星研究会の記録がない)
2005 ピークが不明瞭。国際流星機構でZHR90,国内ではHR40とやや低調な活動
2004 12日6時頃にZHR180の突発(予報あり).国内は13日早朝にHR80.13日未明も活発
2003 国内では13日未明にHR60付近の活動。例年並み。
2002 太陽黄経140度(13日7時頃)を中心にZHR80付近の活動。国内では13日未明にHR60程度
2001 12日18時台と13日10時台にピーク。国内でも両日HR80付近で推移
2000 太陽黄経140.3付近でピーク。相当時刻12/13日3:00にHR63
1999 太陽黄経139.6付近でHR60。主極大は昼間となってしまう。電波観測でピークを確認
1998 天候に恵まれず,最大でも12/13日のHR37
1997 新極大ではZHR130とかなり衰退。主極大はHR100と例年並みの出現
1996 月明かりがなく好条件下で,HR57。新極大は減少
1995 月明かりの影響で,新極大は白山のHR70が最大
1994 新極大,主極大ともにHR50ほど。好条件のもとではHR100に達した
1993 日本では主極大がHR65。フランスで新極大のHR109を観測
1992 太陽黄経139.46度でHR200を越す大出現を日本で観測。中国ではHR1000近い流星雨となる
1991 太陽黄経139.56度で,およそZHR690の突発出現を見せる
1990 月光下のためHR10程度にとどまる。夕刻に何名かが新極大の存在に気がつく

流星群の紹介

 流星群の紹介およびここ数年の観測条件を紹介しています。
  icon ペルセウス座流星群の紹介