ステップ1(観測で使用する周波数を決める)

LINEで送る
Pocket

ステップ1(観測で使用する周波数を決める)

流星電波観測で使用する電波は,特に流星電波観測専用で送信されているわけではありません.アマチュア無線や航空無線など,流星電波観測として応用でき電波を受信します.

流星電波観測で活用できる電波の最新情報

流星電波観測で活用できる電波(周波数)の最新情報が,杉本弘文氏から提供されています.あわせてご覧ください.
icon 杉本弘文氏による「HROのための送信情報

53.750MHz(JA9YDB,50W,CW)[既に運用停止]

福井高専無線研究会によって,90年代のHRO幕開けの頃から長く使われてきた周波数です.この電波があったからこそ,日本国内でこれだけ流星電波観測が普及したといっても過言ではありません.
しかしながら,本周波数も2018年4月から運用が停止されています.2000年代にHRO専用受信機を購入された方は,受信周波数がこの周波数にセットされています.この受信機は改造することで,現在利用が可能な53.755MHzにすることができます.詳細は,杉本弘文氏のホームページ「HRO専用受信機の改造」(ページの下部)をご覧ください.

53.755MHz(JH9YYA,50W,CW)

福井県立大学アマチュア流星電波観測研究会によって運用されているアマチュア無線です.JA9YDBに変わる周波数として,現在は幅広く使われています.汎用受信機であればセットすれば観測可能ですが,2000年代に幅広く普及したHRO専用受信機の場合は改造が必要です.

50.017MHz(JA6YBR,50/10/1/0.1W,CW)

宮崎大学無線部OB会によって運用されているアマチュア無線です.出力1Wと0.1Wでは実質的に受信できないため,観測できるのは50Wと10Wの時間帯となります.
53.755MHz停波時や,福井在住で,53.755MHzの送信局が近すぎる場合などには,こちらの利用をご検討なさるのもよいかとおもいます.

その他

上記以外にも50MHz帯,28MHz,144MHzでアマチュア無線を利用した電波観測は可能ですが,安定的に観測できるオススメは上記の通りですので,まずは上記で試してみてください.
最新情報は,杉本弘文氏による「HROのための送信情報」に記載されているので,ご参照ください.


[あらかじめ]
なお,この先のページではあくまで53.755MHzを前提に記載しています.28MHzや144MHz,VOR(航空無線)の場合は使用機材が異なりますのでご注意ください.

さぁ,次のステップへ進もう!

さぁ 「ステップ 2 機材をそろえよう