ステップ5(パソコンで自動観測)

LINEで送る
Pocket

ステップ5(パソコンで自動観測)

ケーブルと受信機をつなぎ,電源を入れる

HRO専用受信機の場合は,ケーブルのコネクタの反対側を受信機側へ接続します。そして,DCアダプタからの電源ケーブルを接続します。また反対側の面に,音声ケーブル(両端子ミニジャック)を差し込みます。これで電源を入れれば赤いLEDが点灯します。これで点灯しない場合は,DCアダプタの極性が違っている可能性がありますので,すぐに電源をきって,再確認してください。
また,汎用受信機の場合は,説明書を見ながらアンテナの接続及び電源ケーブルを接続してください.

初代受信機(HRO-RX1a)
受信機1 受信機2

バージョンアップされた受信機(MRX50)
受信機3 音量調整はマイナスドライバ必要

パソコン側へ音を入力する

受信機からの音声ケーブルをそのままパソコンへと引っ張ります。この時,受信機はできるだけ,ノイズの少ない環境に設置しておきましょう。以下のような場合,ノイズが入る可能性があることが指摘されていますので,少し避けてみると良いでしょう。
・パソコン本体,特にCRTモニター(イマドキないとは思いますが)
・LANケーブル,USBハブ,LANのHUB(特にジャンク品)
・冷蔵庫,洗濯機
・バイク
この他にもあると思います。観測しはじめたときにいろいろと試してみてください。

さて,パソコンに音を入力する場合,ディスクトップであれば背面に「ライン入力」の端子があります。またパソコンもどこかに音声入力の端子があるはずです。
音声入力1 音声入力2
最近のパソコンは「ライン入力」と「マイク入力」が分かれていないことも多く,さらに,マイクとイヤホンが同一端子になっているケースも多々あります.ライン入力があればライン入力へ,ライン入力はないがマイク入力があるならそちらへ,それすらなければイヤホン端子に刺してみてください.おそらく大丈夫です.

接続しましたら,受信機の電源を入れて音量を最大限にしてください。この時点で既にホワイトノイズが聞こえていれば問題ありませんが,音の調整もあるので,以下の手順で確認をしてください。音が出ない場合は以下の手順に従ってください。

まず,パソコンのタスクバーにあるスピーカーマークの「音量」をクリックします。
音声入力3

そうすると,「Volume Control」のパネルが開きますので,そこで,「オプション」→「プロパティ」を選択します。
音声入力4

続いて,「音量の調整」でおそらく「再生」にチェックが付いていると思うので,「録音」にチェックを付け,下のWindowから「Line In」を探し,チェックを付けて「OK」をクリックします。すると,「Recording Control」に変わりますので,そこで Line Inの選択をチェックしてください。そしてそこの音量を上げます。すると,音が出るはずです。ここで最終的に音量を調整しますので,このパネルは閉じないようにしてください。
音声入力5 音声入力6

もしもこれでも音が出ない場合….

もう一度「オプション」「プロパティ」で今度は再生をクリックし,同様にWindowから,「Volume Control」と「Line In」をチェックしてOKにします。すると,両者のボリュームが出てくるので,これを最大限にあげてください。これが出力側の音量調整になります。こちらは出力なので,音が確認できたら,再度,録音側のコントローラーを出しておいてください。


なお,これらの画面キャプチャはほとんどがWindowsXPのはずなので,最近のWinodwsOSではイメージは違うと思います。とはいえ,サウンドのプロパティで,録音を選び,接続しているものを選べば音は入力されるはずです.

自動観測ソフトHROFFTを動かす

自動観測ソフトHROFFTは,大川一彦氏がフリーソフトとして開発したソフトです。入手方法は私へ直接問い合わせてください (HROFFT) 。そして入手すると,それはLZH形式の圧縮ファイルになっていますので,それを解凍してください。

【ご案内】
「HROFFTが入手できない」「動かない」場合などは、山本道成氏が開発した「MROFFT」もお試しください。
icon 山本道成氏のWebより:MROFFT

さて,解凍すると,ファイルがいくつか出てきます。使用するのは3種類です。
Create.txt , Header.txt そして HROFFT061.exeです。
HROFFT-files
Createファイルは触らなくても大丈夫です。さて,Headerファイルですが,これは観測地情報を記録するファイルです。開くと,ObserverやReceiverなどの記述事項がありますので,できる限り,半角英数字で記入してください。最初の行はおそらくデフォルトで「SM」になっていると思いますが,これはファイルの先頭につける名前なので,自分のわかりやすい記号がよいかと思います。例えば,筑波大学で観測していたら tsukuba など。あまり長くない方が良いでしょう。以下のように書きます。

これでセッティングは終了。それでは以下の手順で観測をスタートさせます。

1. まず先ほどから開いている音量調整の「Recording Control」で,「Line In」の音量を全部下げます。これで音が入ってきていない状態です。

2. HROFFT.exeを起動させます。(下画面)
HROFFT-Work1

3. 「Recording Control」で徐々に音をあげます。すると,HROFFT観測画面左上にある「Signal Level」の数値が上がり,レベルを示すグラフも見えてきます。(下画面)
HROFFT-Work2

4. 画面に青色の斑点がちらつく程度まで音をあげます。そうしたらおそらくSignal levelは50~80になると思います。
HROFFT-Work3

5. これで観測自体はスタートしています。

次のステップでこの画面を見ながら最後のセッティングをして観測をします!

ステップ6 HROFFTで観測をしよう!最後のセッティング!」へ