2022年こぐま座流星群電波観測速報

 

世界の流星電波観測データを用いた「2022年こぐま座流星群」の電波観測速報です。流星電波観測国際プロジェクトで用いているActivity Levelと、その値から算出されるZHRrを公開します。






【注】最新情報はCtrl+F5で再読み込みしてください.

推定ZHRr

世界のデータによる集計結果(1時間毎:太陽黄経表示)

「ZHRr」は、各観測地のデータを「散在流星」で減算することで増加分を算出し、高度補正して求めています。眼視観測のZHRに相当します。「散在流星」は、12月3~8日、16~21日、23・24日の14日間のデータを平均して、散在流星の日周変化としています。
(補足) 「ZHRr」は、電波観測の結果で中心時刻はn時30分です。
「ZHR(IMO)」は、IMO発表による眼視観測の結果です。

国内だけの集計結果(1時間毎集計)

国内で観測できる時間帯を日本時間で表記しています。

(補足) 「Long」は、20秒以上継続したエコーをZHRに換算して掲載しています。
「Radiant elevation」は、国内の平均地点の輻射点高度です。

謝辞(使用データ)

今回は、国内13ヶ所(9観測者)と海外26ヶ所の観測データを集計して作成をしています。
報告ありがとうございました。
多数の観測地点が参加することで、更に精度が向上します。
新規の参加をお待ちしています。データの送り先とご意見は、杉本弘文まで。
(国内観測報告者)
小川 宏、桂 伸夫、狩野 正樹、信太 浩信、坪井 正紀、中村 知弘、原田 稔、藤戸 健司、杉本 弘文

こぐま座流星群について

流星群の紹介およびここ数年の観測条件を紹介しています。
icon こぐま座流星群の紹介

免責事項

本ページの情報は、更新日時時点での最新情報です。従って、最終的にはデータが変わることもありますので、予めご了承ください。この他、データの扱いについては「著作権(データ引用)・リンク・個人情報・免責事項の考え方」をご覧ください。