2021年しぶんぎ座流星群 電波観測結果

2021年の活動は,2019年以来,2年ぶりに活発な活動を観測.例年と比較すると1.5倍ほどの活動.太陽黄経283°.108(2021年01月03日 22時JST)付近でメインピーク.その数時間前3日14時JST付近でサブピークが見られています.メインピークは日本からは放射点が地平線下と観測条件としてよくありませんでしたが,サブピークに向かう時の活動は捉えることができています.

世界観測結果統合グラフ

2021年しぶんぎ座流星群電波観測集計結果

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
Jan. 3 05h 282°.77 5.8 ± 1.0
Jan. 3 13h 283°.11 7.8 ± 1.1

流星群活動推定構造

Comp.No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
QUA21C01 Jan. 3 05h30m 282°.77 4.0 -4.0 / +1.5
QUA21C02 Jan. 3 13h30m 283°.11 7.5 -3.5 / +4.5

Parameter

  • Radiant : α = 230°.1, δ = +48°.5
  • Radian Elevation : 20° < h < 70°
  • Using data within ± 0.50 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by “Lorentz profile”.
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB