流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > みずがめ座δ流星群・やぎ座流星群 > 観測結果(2007年)

みずがめ座δ流星群・やぎ座流星群 観測結果(2007年)

▲みずがめ座δ流星群・やぎ座流星群観測結果へ戻る

 ここ数年の結果としては,極大が太陽黄経λo=126°.3付近と1日ほど遅い結果となりました.全体的な半値幅や規模は例年並みと思いますが,やや後ろにずれたところがこの年の特徴といえそうです.また,ピーク前の太陽黄経λo=122°.5付近を中心としたなだらかな活動構造も見られており,こちらはC07T1として構成要素を加えました.悩んだのは8月3日(λo=130°.228)付近で突発的に上昇している構造ですが,あまりに短時間ですので,今回は構成要素から除外しました.ただし,活動としては何らかの構成要素をつくることもできます.

世界観測結果統合グラフ

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
Jul. 25 20h 122°.420 2.63 ± 0.43
Jul. 29 23h 126°.355 4.72 ± 0.71
Aug. 3 00h 130°.228 3.20 ± 1.12

流星群活動推定構造

Trail-No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
C07T1 Jul. 26 00h30m 122°.58 1.0 -78.0/+24.0
C07T2 Jul. 30 00h30m 126°.40 3.5 -48.0/+66.0

Parameter

  • Radiant : α = 339°, δ = -16°
  • Radian Elevation : 15° < h < 80°
  • Using data within ± 0.95 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB