流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 流星の電波観測とは > グラフ化しよう

観測データ集計方法の例 (グラフを作ろう!)

 カウントしたデータをそのままにしていてはもったいない! ということで,データの集計・解析方法について解説していきたいと思います。ただしこれは一例に過ぎませんので,みなさんで新しいスタイルを構築してみてください。なお,今回は,カウント方法は実際データを提出しているのでわかっているものとして話を進めます。ですので,前提条件として,山本道成氏が開発したHROreportが出力する60分のcsvファイル (report60.csv)まで用意できているものとします。HROreportやHROviewの使用方法については,CQ出版社の「流星電波観測ガイドブック」を参照してください。

手順1:必要ソフトのダウンロード

グラフ作成用Excelファイルを以下からダウンロードしてください.(以下どちらでも構いません)
  Excelファイル(自動解凍ファイル) : http://www.amro-net.jp/database/mkgraph/mkgraph-win.exe
  Excelファイル(ZIP圧縮)  : http://www.amro-net.jp/database/mkgraph/mkgraph-win.zip

  ※自動解凍ファイルは,解凍ソフトが必要ありません.ダウンロード後,ダブルクリックをすると自動的に解凍先を問われるのでそれで指定すれば自動解凍します.
  ※ZIP圧縮ファイルは解凍ソフトが必要です.

手順2:report60.csvを用意する

 次にreport60.csvファイルもHROreportより生成しておきます。

手順3:データの入力処理

まずmkgraph-win.xlsを開くと,4枚のシートから構成されています。下図のように「input」「cut」「paste」「graph」の4シートです。

Excelシート構成

それではまず,inputシートにデータreport60.csvを入れます。

inputシート入力画面

今回は小林正幸さんの2002年11月のレポートを作りたいと思います。まずcsvファイルを開くとこのようになっています。今回のフォーマットは列の順番がこの順番でないと対応していません。また,時間は連続していることが条件です。たとえば2002年11月11日11:10〜12日23:00までデータ行がないと,その分処理がずれます。おそらくNo Observeというコメントが付いて行自体は消えないはずですが,消えている場合は補ってください。


そしたら次にデータの部分だけコピーします。右クリックでコピー(あるいはCtrl + C )しておきます。この時,最後のコメント欄も必ずコピーしてください。また,一行目の項目行はコピーしないでください。必ず,二行目以降のデータのみをコピーしてください。そしてその状態でreport.xlsの画面に行きます。この時,コピーをクリックした後で絶対にセルに記入をしたり,Escキーを押したりしないでください。コピーが解除されます。選択範囲を間違えた場合はEscキーを押して選択し直してください。

データ部分のコピー


さて,続いて選択した状態でreport.xlsのinputシート画面に行き,カーソルをB2のセルにあわせ,右クリックし,データを貼り付けます(Ctrl + Pでも可能)。この時に「貼り付け」の文字が薄くなっている場合はコピーを失敗していますので,再度前の手順に戻ってコピーをしてください。

データの貼り付け

さて,貼り付けるとデータがコピーされたと思います。inputシートでは再度,データが全部そろっているか確認することができます。A列は,1日0時台から31日23時台まで1時間毎になっています。0100は1日00時を意味します。従って,貼り付けられたデータはTimeのB列にきますから,左のA列と右のB列の時間が最終的に合っていれば大丈夫です。

これでデータのinputが終了です。

手順4:データの出力処理

さて無事にデータが入りました。そしたら次にシートを「cut」にしてください。そうすると,全面灰色だと思います。ちなみにこのシートには入力できないようにシートを保護してあります。さて,ここで,行の「1」の数字の上,列の「A」の数字の左の四角のスペースにマウスを持っていき,普通にクリックします。すると,全面選択の状態になると思います。そこで同じように右クリックでコピーを選択します。

そしたら次に,シートを「paste」に変えます。そして,A1のセルで「右クリック」「形式を選択して貼り付け」を選びます。すると右下のような画面が出てくるはずです。ここで,「値」をクリックしてOKボタンを押します。この作業は,いちいちマウスを動かすのが面倒な方は,最初に右クリックした時点で「S→V→Enter」の順番に押せば同じ事が起きます。ですので,作業は楽です。

形式を選択して貼り付け

さて,そうすると,pasteシートにデータがバーッとコピーされます。訳のわからない列もありますが気にしないでください。次に観測データのない時間帯の処理をしますが,貼り付けてから「Ctrl + H」キーを押してください。すると下のような画面が出てきます。

空白データの置換

ここで,上段の「検索する文字列」に「blank」と入れてください。「データが空ですよ」という意味のblankです。さて,置換後の文字列には"何も入れないでください"。そしたら右側の「すべて置換」を選択。するとblankと書いてあるセルを空白セルに変換します。これで出力処理が終了です。次はいよいよ仕上げのグラフです。

手順5:グラフの完成

実はもうすでにグラフ自体は完成しています。4つのうちの残りのシート「graph」シートを開いてください。3枚のグラフがそこにあり,下のようにグラフが形作られているはずです。

グラフ

もしできていない場合は,どこかでコピーや貼り付けを間違えています。再度確認してください。無事上のようになっていたら,グラフへ手入れをしていきましょう。段取りとしては以下の順です。

 (1) 日付(30日の月か,31日か,それとも28日か)
 (2) タイトル
 (3) y軸第一軸の統一

それでは,まず日付の確認からしましょう。デフォルトでは,31日に設定してあります。しかし,30日の場合はどうするのか。その場合は,3つあるグラフのうち,一番下のグラフへまず移動します。そしてそのグラフをクリックしてください。そして右クリックすると左下の図のように「元のデータ」というのがあります。それをクリックすると右下のようになります。

日付の期間編集

ここで,下の部分だけに着目します。

編集部分

左の系列がall echoesになっていることを確認してください。そして右側の「値」と「項目軸ラベルに使用」「第2項目軸ラベル」の3つのボックスを,下のように,月の日数にあわせて変えてください。

一ヶ月が31日の場合

デフォルトのままで問題ないのでこの設定は必要なし。

一ヶ月が30日の場合

一ヶ月が30日の場合

一ヶ月が28日の場合

一ヶ月が28日の場合

一ヶ月が29日の場合

一ヶ月が29日の場合

そしたら次に,左の方の「系列」にあるlong echoes をクリックして,同様にあとは,値だけを同じ数字にします。アルファベットは変えないでください。下に30日の場合の例だけ載せておきます。同じようにしてやってください。

数値をそろえる

タイトル等の編集

グラフのタイトルには,何月か,どこの観測で誰が観測したのかという情報が入っています。自分専用に書き換えてください。グラフの文字の上でクリックするとグラフ全体が選択できます。そして,もう一度クリックするとカーソルが現れるので,文字を普通に編集してください。これを上旬・中旬・下旬すべて行ってください。

グラフタイトル部分

そしてもう一度クリックして編集! 月の部分も変えるのを忘れずに。。。

編集後

軸の編集

最後は y軸第一軸の統一です。これは,グラフが3つで,軸の間隔は自動で決まっています。一月の中であまり変わるのも好ましくないので,一番多い上旬なら上旬の値にy軸をそろえてしまおうというものです。第一軸というのは左の軸で,第二軸が右の軸です。左は全エコー数を示し,折れ線グラフですが,右側はロングエコー数で棒グラフです。今回は11月で例を行っていますので,しし群の時の最高値を基準にしたいと思います。しし群のある中旬の最高値は「300」です。これに対して上旬は「250」,下旬は「300」ですのでそのままでOKです。上旬だけ変えましょう。
それではまず,y第一軸の数字のあたりで右クリック。そこから「軸の書式設定」を選択。右下のボックスがでてきます。

軸の書式設定
目盛の変更

どうですか?軸が変わりましたよね?これで,3つのグラフは同じ条件になり,グラフの手入れはすべて終了です。このようにしてグラフの完成までいくことができます。

文章で書くと非常に長くなりましたが,実際やってみると,2分か3分で終わります。慣れれば1分少々で終わる作業です。貯まったデータを是非グラフ化して,自分のホームページで発表してみてはどうでしょうか?また,グラフさえ送ってくれればプロジェクトのホームページで公開することも考えています。是非送ってくださいね!

エラーバーの付け方

エラーバーはどこかのシートであらかじめ計算しておきます。今回はcutシートのErrorという列で計算しています。さて,エラーバーをつける場合は,エラーバーをつけたいグラフ,すなわち全エコー数を示している折れ線グラフの上で右クリック。そして「データ系列の書式設定」を選択し,「Y誤差範囲」を選択。するといろいろありますが,今回は事前に計算してあるので「指定」ボタンをクリックし,+と−にそれぞれ計算したセルの範囲を指定します。今回はcutシートのE2セルからE241セルで上旬は計算しています。そしてOKを押せばエラーバーがつきます。そしてエラーバー自身を右クリックして書式設定を選ぶと色を変更できます。なお,範囲を指定する際に,書くエリアの右端に赤い矢印があります(○の部分)。それを使ってダイレクトに指定することもできます。

完成!

それではみなさん,グラフ化がんばってください。未知の活動が見えるかもしれません。数値ではわからなくてもグラフでは一目瞭然の現象があります。この先の解析に進むステップとしてまずこれをやってみましょう!