流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 流星群情報 > 10月りゅう座流星群

10月りゅう座流星群(Draconids)


 1998年日本で,2011年ヨーロッパで多くの流星を見せました.この流星群の歴史は浅く,初期出現は1920年.母彗星が21P/Giacobini-Zinner(周期は6.6年)で,軌道の関係上,13年ごとに好条件となります.2025年付近もある程度の活動が期待されていますが,2062年頃や2098年頃の活動はかなり活発になるかも!?.
 対地速度が遅くフワッとした流星の印象を受けます.とても印象的です.国内では,北緯35度より北の地域では放射点が沈みません.ただし,その頃の放射点高度は低いため,観測には不利です.この流星群は,国際流星機構においては,「10月りゅう座流星群(学術名:Draconids)」とされていますが,母天体の名前をとって「ジャコビニ流星群(Giacobinids)」とも呼ばれています.現状では,「10月りゅう座流星群」が正式名称です.

10月りゅう座流星群に関する情報

名称(和名) 10月りゅう座流星群
学術名(コード) October Draconids (DRA)
極大太陽黄経 195°.4度
極大時輻射点 赤経 = 262°.1 / 赤緯 = +54°.1
出現期間 10月6日〜10月10日(極大時刻は年によって違う.観測条件を参照)
性質 極大出現数(ZHR):?,光度比2.6,対地速度: 20km/s
母天体 21P/Giacobini-Zinner
※和名は国立天文台に準拠
※学術名及びコードは国際天文学連合(IAU)に準拠
※それら以外は注釈がない限り国際流星機構のデータを優先

極大夜の観測条件(2017〜2025年)

10月
JST
極大時刻 月齢 条件
(眼視)
条件
(電波)
コメント
195.4
2017年 9日03時 18 月明かりが一晩中あり悪条件.また極大時刻も国内ではやや早いかも
2018年 9日09時 29 最良 ほぼ新月で月明かりはないが,極大は日出後.電波では好条件
2019年 9日15時 10 最良 月明かりは問題ないが,極大が昼間.電波観測では好条件
2020年 8日21時 20 月明かりが残念.極大事項は良好.月明かりを避けて観測しよう
2021年 9日03時 3 月明りも気にならず,観測条件としては良好
2022年 9日10時 13 満月が近く,予想時刻も日中と観測条件は悪い
2023年 9日16時 24 下弦の月で、夜半前は影響なし.8日21時頃にも注目.
2024年 8日22時 6 ピーク頃は月が西に傾いている.
2025年 9日04時 17 14年ぶりに活発な活動か.8日日没後から夜半まで要注意.月明りが残念
※月齢は10月9日0時頃です.時刻は日本時(JST).

10月りゅう座流星群の歴史

 1885年にそれらしい記録はありますが,実質的な出現の記録は1926年が一番古い記録です(観測した記録は1913年にもあるようです).この年はHR5程度でしたが,その7年後の1933年の活動は凄まじく,1分あたり78個(HR=5,000程度)といった活動を捉えています.さらに13年後の1946年にはZHR=6,800の活動が捉えられています.1952年にはレーダーで小規模ながらも突発出現を観測しています.1946年の13年後,1959年の活動はほとんどなく,世間の期待は1972年に.1972年は従前の予想モデルからして,かなりの期待がかかりました.しかし,結果的にはHR23(ZHR40)前後の活動にとどまりました.その13年後,1985年は日本でZHR200〜300規模の活動が捉えられ,久々の出現となりました.さらに13年後の1998年には日本で平均HR96,最大ZHR800程の大出現が観測されました.
 直近では1998年から13年後の2011年にヨーロッパを中心にZHR300前後の活動が捉えられました.

過去の観測結果

過去の流星電波観測結果による結果を中心に収録しています.
  icon 過去の観測結果

出典

 ・HandBook for Visual Observation (The International Meteor Organization) (1995)
 ・A new Working List of meteor showers (Rainer Arlt et al), WGN 34:3(2006)