2020年こぐま座流星群電波観測速報

沿って | 5月 29, 2021

【注】最新情報はCtrl+F5で再読み込みしてください.

★世界集計

●1時間毎集計(太陽黄経表示)
「ZHR_r」は、各観測地のデータを「散在流星」で減算することで増加分を算出し、高度補正して求めています。眼視観測のZHRに相当します。
「散在流星」は、12月1~8日、16~21日の14日間のデータを平均して、散在流星の日周変化としています。

(補足) 「ZHR_r」は、電波観測の結果で中心時刻はn時30分です。
「ZHR(IMO)」は、IMO発表による眼視観測の結果です。

★国内表示

●1時間毎集計
国内で観測できる時間帯を日本時間で表記しています。

(補足) 「Long」は、20秒以上継続したエコーをZHRに換算して掲載しています。
「Radiant elevation」は、国内の平均地点の輻射点高度です。
「ZHR(Japan)」は、内山茂男氏発表による国内の眼視観測の結果です。

●10分毎集計
国内のデータを10分間毎で集計しています。

(補足) 「ZHR_r(10m)」は、10分間毎の集計結果で4h0mの数値は中心時刻が4時5分となります。

★謝辞

今回は、国内11ヶ所(8観測者)と海外26ヶ所の観測データを集計して作成をしています。
報告ありがとうございました。
多数の観測地点が参加することで、更に精度が向上します。
新規の参加をお待ちしています。データの送り先とご意見は、杉本弘文まで。
(国内観測報告者)
大塚 博隆、桂 伸夫、狩野 正樹、信太 浩信、坪井 正紀、中村 知弘、藤戸 健司、杉本 弘文

こぐま座流星群について

流星群の紹介およびここ数年の観測条件を紹介しています。
icon こぐま座流星群の紹介


広告