こぐま座流星群

LINEで送る
Pocket

こぐま座流星群(Ursids)

一年の最後を締めくくる主要流星群は,こぐま座流星群。極大日になっても,あまり目立った出現を見せないと思えば,突如として突発出現を見せることもあります。
電波観測では,通常の活動については検出される年とされない年があり,また観測サイトによっても結構違います.

2020年のこぐま座流星群 観測条件

2020年こぐま座流星群の日本における観測条件は,「月明りがあるが要チェック」です.

月齢条件 月齢8
月齢8
上弦の月が夜半まである.上弦の月と言っても意外と存在感があるので,月を視界に入れないようにしてご覧ください.
極大時刻
(JST)
12月23日
18時頃

12月22日
日没~未明
極大時刻は日本時間で夜間となるが,放射点高度はやや低め.とはいえ,一晩中放射点は見えるので,23日の日没後から観測は可能です.月明りを考えるなら夜半以降の方が条件は良いです.
なお,2020年はダストトレイルの交差が予想されており,日本時間では22日12時~23日7時の間でいくつかのダストトレイルによる出現があるかもしれません.日中の時間帯もありますが,ピーク予想時刻の1日前,22日日没後から23日未明にかけても要チェックです.

日本国内における眼視観測(目で見る場合)の観測条件

総 評 2020年は月明りがあるものの,22日日没後から23日未明のダストトレイルによる出現が見られるかどうかに注目(出現があるという確約はできません).
見る方向
(方角)
流星の出現位置という意味では「どこでも構わない」ですが,月明りがあるので,月を視界に入れないようにしてご覧ください.
見頃となる
時間帯
12月23日日没後から24日未明(日本時)
(要チェック)12月22日日没後~23日未明(日本時)
注意事項 ・夜は想像以上に寒いです(真面目に寒い).厳重な防寒具を身につけて観測してください.
・寒いからと直火はNGです.温かい飲み物を用意するといいでしょう.
・私有地への無断立ち入りはダメ.大声もNG.そしてゴミは持ち帰りましょう.
・車は暖かく,寝不足になりますので,居眠り運転をしないよう計画的に移動しましょう.
・治安には十分ご留意頂き,お子様には必ず大人の方が付き添ってください.


日本時間で2020年12月23日19:00(東京)の夜空.月は南側にある.
星図:StellaNavigator/AstroArts (アストロアーツ楽天市場店)/(Amazon)

日本国内における電波観測の観測条件

総 評 電波観測では一日中観測できるので,特に22日~23日にかけては,例年と異なるような活動がないかを確認しましょう.22日12時~23日7時(日本時)の間に,複数のダストトレイルとの交差が予想されています.

こぐま座流星群に関する情報

名称(和名) こぐま座流星群
学術名(コード) Ursids (URS)
極大太陽黄経 270°.7
極大時輻射点 赤経 = 217° / 赤緯 = +76°
出現期間 12月17日~12月26日(極大時刻は年によって違う.観測条件を参照)
性質 極大出現数(ZHR):10,光度比3.0,対地速度: 33km/s
母天体 8P/Tuttle

※和名は国立天文台に準拠
※学術名及びコードは国際天文学連合(IAU)に準拠
※それら以外は注釈がない限り国際流星機構のデータを優先

極大夜の観測条件(2020~2025年)

12月
JST
極大時刻 月齢 条件
(眼視)
条件
(電波)
コメント
270°.7
2020年 23日18時 8 夜半前月あり.眼視は22日日没後,電波は22日~23日要チェック
2021年 23日00時 19 満月を超えた月.22日日没後の方が観測条件は良い
2022年 23日06時 29 最良 最良 23日夜明け前が好条件.電波観測の観測条件は良い
2023年 23日13時 10 最良 日没後は月明り.ピークは昼間.電波観測では好条件が揃う
2024年 22日19時 22 最良 最良 月齢条件は問題なし.22日日没後から夜半前までがオススメ
2025年 23日01時 3 月齢条件は問題なし.ピーク時刻は輻射点高度が低い時間帯

※月齢は12月23日0時頃.時刻はすべて日本時(JST).

こぐま座流星群の歴史

1449年の中国に記録が存在.日本には1795年に記録があり,1799年にも記録が残っています.1945年にZHR170の突発出現,その後も1981年や1986年,1992年そして直近では2000年に突発出現が観測されています.それ以降は,2014年や2016年に活発な活動を観測しています.

過去の観測結果

過去の流星電波観測結果による結果を中心に収録しています.
icon 過去の観測結果

出典

・HandBook for Visual Observation (The International Meteor Organization) (1995)
・A new Working List of meteor showers (Rainer Arlt et al), WGN 34:3(2006)
・Meteor Shower Workbook 2014 (J.Rendtel) – International Meteor Organization (2014)
・2020 Meteor Shower Calendar (J.Rendtel) – International Meteor Organization (2019)
・Meteor Showers and their Parent Comets (P. Jenniskens) (2006)

<広告>