流星を電波を使って解析する流星電波観測

 
   
HOME > 観測結果 > みずがめ座η流星群 > 観測結果(2013年)

みずがめ座η流星群 観測結果(2013年)

 2013年は,エラーバーがやや広く,データ数が必ずしも多くないというデメリットがありますが,それを差し引いても,2013年の活動レベルが高く,Activity Levelで3を超えてきました.活動推定構造からも最大値が3.0となっており,例年の倍近い活動でした.ピーク時刻は太陽黄経(λo)45°.47と,ほぼ国際流星機構が示している数値と同じになりました.みずがめ座η流星群ではなかなかこの時間帯でのピークが観測されませんでした.実に2008年以来5年ぶりです.
 このほか例年見られるようなλo50°付近の再ピークは見られず,1つの構成要素で十分近似することができました.

世界観測結果統合グラフ

Graph of η-Aquarids

ピーク構造

Time(UT) Solar Long. Activity Level
May 5rd 19h 45°.268 3.53 ± 0.67
May 5th 21h 45°.349 5.06 ± 0.31(?)
May 6th 19h 46°.236 3.29 ± 0.90

流星群活動推定構造

Trail-No. Peak Time(UT) Solar Long. A(max) FWHM(hr)
EAQ13C01 May 6th 00h30m 45°.470 3.0 -30.0 / +48.0

Parameter

  • Radiant : α = 338°, δ = -1°
  • Radiant Drift: Δα = 1°, Δδ = +0°.4
  • Radian Elevation : 15° < h
  • Using data within ± 0.50 σ in all observed data.

Reference

  • Structure of meteor activity is estimated by "Lorentz profile".
  • Observed data provided by RMOJ and RMOB