しぶんぎ座流星群観測結果


本ページでは,しぶんぎ座流星群について,世界の流星電波観測結果を取りまとめています.(眼視観測の結果ではありませんのでご注意ください)

これまでの観測結果一覧

icon 経年変化 (グラフで2001年以降を一覧表示)
icon 過去のピーク及び推定構成要素一覧 (2001年以降のピーク一覧と活動推定要素一覧)

各年の概要(電波観測結果より)

西暦データ区分概要(時刻はJSTで記載)
2021年世界統合2019年以来2年ぶりに活発な活動.太陽黄経282°.77付近にサブピークあり.
2020年世界統合活動規模は例年並みも推定ピーク時刻は通常よりも早く太陽黄経282°.95.
2019年世界統合2014年以来の活発な活動。メインピークの8時間ほど前にサブピーク構造アリ.
2018年世界統合活動規模は例年と比較するとやや低め.活動規模もA(max)=3程度。
2017年世界統合活動規模はA(max)=4と例年並み.ピーク前の半値幅が例年よりも長かったのが特徴
2016年世界統合推定A(max)=8.0で,2014年と同規模の活発な活動だった様子.ピーク時刻は若干早い
2015年世界統合2010年並みの低調な活動。推定A(max)=3.0としたが,もっと低いかも.
2014年世界統合2009年以来の活発な活動か。A(max)=8.26.データ精度もまずまず.
2013年世界統合ピーク時刻やピーク規模は例年通り.もしかしたら活動はもう少し高いかも!?
2012年世界統合活動規模A(max)=4と例年並み.天頂効果と極大が重なり極大時刻は推定だがやや遅い
2011年世界統合ピーク時刻はやや早め.活動レベルは例年並み.λo283°.003の増加は気になる
2010年世界統合ピーク時刻は例年よりやや早い.活動規模が小さい.2008年と同じような傾向.
2009年世界統合ダブルピークに見えるが,実際は違うだろう.推定値では活動規模が大きかった様子.
2008年世界統合ピーク時刻や全体の規模は例年通り.λo281°.62の小ピークは気になる.
2007年世界統合4極大頭打ちはおそらく「見かけ」だろう.推定ピークは例年並か例年よりやや大きい.
2006年世界統合2つの活動ピークがあった様子.2003年や2005年と同じ傾向.メインピークは例年並み
2005年世界統合A(max)=6付近とやや活発だった年.2003年同様,λo283°.51に小ピークか.
2004年世界統合活動規模は大きい.ピーク後のデータがあまりないのが残念.3つの構成要素で近似.
2003年世界統合メインピークはやや早い.その後λo283°.56にサブピーク!? 大きな誤差範囲は気になる
2002年世界統合活動規模はもう少し低いかもしれないが,それでも活発だった.ピーク時刻はやや遅め
2001年世界統合活動規模や活動時刻は例年並みだが,立ち上がりが急すぎる気もする.
2000年千種高校4日7:00頃(JST)に極大の模様.全エコー数はHR80程度.(千種高校の結果のみ)

過去の平均値

icon 平均グラフ(2001年~2020年平均値)

icon 平均値(例年値)

期間ピーク(太陽黄経)FWHM最大ActivityLevel
全期間283°.15-0°.35 / +0°.304.0
2001-2010283°.20-0°.40 / +0°.304.0
2005-2015283°.20-0°.40 / +0°.303.5
2010-2020283°.15-0°.35 / +0°.304.0

眼視観測による結果

眼視観測の結果については,以下をご参照ください.
icon 流星の部屋(内山茂男氏による)

流星群の紹介

流星群の紹介およびここ数年の観測条件を紹介しています。
icon しぶんぎ座流星群の紹介